脳梗塞などのいろいろな疾病を予防する~様々な医療科目~

血管の病気から起こる

悩み

生活習慣病の症状

脳梗塞は、生活習慣病による血管の病気から起こると考えられます。ですから、脳梗塞を予防するには、生活習慣病を予防することから始める必要があります。生活習慣病の主なものに次の3つが挙げられます。まずは高脂血症で、これは血液中のコレステロールや中性脂肪が高い状態を意味します。高脂血症になると、血管壁の内部に悪玉コレステロールや中性脂肪が付着することから、動脈硬化の原因になると言われています。次に高血圧ですが、高血圧になると血管にかかる圧力が上がることから、その圧力に耐えるために血管壁が肥厚していくことになります。すると血管は硬くなっていくのです。最後に糖尿病ですが、血液中の高濃度のグルコースは血管壁を糖化させて脆い状態にしてしまいます。

血管の病気

脳梗塞の原因になる血管の病気を知っておくことはとても大切です。血管の病気には大きく分けて、コブと詰りがあり、コブには動脈瘤や静脈瘤があります。詰りには、血栓や血栓が剥がれて末梢の血管を塞いでしまう栓塞があります。脳梗塞を引き起こすのは、後者の詰りの方で、脳の血管が血栓や栓塞で詰まってしまうことで発生します。そして、血管の詰りを引き起こすものとして、生活習慣病の中の高脂血症や高血圧が大きく関係しているのです。要するに、高脂血症や高血圧によって血管が硬くなると、血流が緩やかになり、血栓ができやすくなるのです。これに糖尿病を加えた3大生活習慣病を予防するには、日常生活の見直しが大切です。即ち、肥満にならないような食事を摂り、運動を行ってカロリーを消費することで、恐ろしい脳梗塞を予防することにもなるのです。また、それでも不安な場合には医療機関で定期健診を受けましょう。

注意すること

看護師

病院選びには、自分と相性が合うのかの情報収集が大切です。長年住み慣れているのが城東区であれば、城東区の内科や外科など病院の評判は調べやすいでしょう。インターネットでの情報集めも可能です。身体に現れている症状でどの診療科に行けばよいのか悩んだら、一度電話で症状の相談を行なうのも良いです。

Read More...

自宅で安心した医療

病院

複数の医療機関や分野が協力することによって、クオリティの高い医療を提供できる考えを持つのが在宅医療の現在の取り組みや課題となっています。医療機関から患者の様子を見ながら診断できる遠隔サービスなど、自宅にいながら健康を意識できる内容も世田谷区では話題です。

Read More...

心臓関連の病気なら

男性

医療機関の中でも高血圧や動脈硬化、心臓疾患などをとくに専門としているのが循環器科ですが、循環器科といってもその病院によって特性や特徴というものがあり、業務内容や患者の種類なども異なっています。また内容的に内科と似た傾向があることも特徴の一つです。

Read More...